バス乗務員の一日をご紹介いたします

北海道中央バス㈱乗務員採用情報をご覧頂き、まことにありがとうございます。
このページでは、当社準社員乗務員採用試験へのご応募をお考えの皆様へ、
『バス乗務員が毎日どのような仕事をしているのかを少しでも理解して頂きたい』という思いから、
実際に当社の路線バス乗務員として働く社員に密着しました!ある一日の勤務をご紹介いたします。

6:30 出勤・日常点検

おはようございます!
営業所に出勤したら、自分が運転するバスの点検(日常点検)を行います。
お客様の命をお預かりするバスを、ここでしっかり点検します。
6:45 アルコールチェック・
乗務前点呼

酒気を帯びていないことを確認するため、息を吹き込んでチェックします。
チェックが終わったら、運行管理者から乗務前点呼を受けます。路線状況や注意事項などを聞き、自分が運行する路線を確認します。
7:00 乗務開始!

乗務が始まります。
常に周りの車や車内のお客様の動きに気を配ります。バス車内の転倒事故を防ぐため、「発車します」の声かけは欠かせません。乗務中は緊張した時間が続きます。
お客様には笑顔で「ありがとうございます!」
12:00 休憩

営業所に戻りほっと一息。営業所の休憩室では、食事をしたり、同僚と話したり、仮眠をとったりと、リラックスできる時間を過ごします。
休憩が終わったら、スターフ(運行指示書)で自分がこの後運行する路線を再確認して出発します。
17:30 乗務終了・退勤

乗務が終わったら営業所に戻り、運賃箱を解錠して、お客様から頂いた大切な運賃を営業所の金庫へ預けます。

出勤時と同様に、アルコールチェックを行い、運行管理者から乗務後点呼を受けます。終業の報告を行い、翌日の勤務を確認します。

その後、構内の給油スタンドでバスに燃料を入れ、車庫に格納します。これで、この日の勤務は終了です。

今日も一日、おつかれさまでした!

いかがでしたか?当社には路線バスの他に、高速バス、貸切バス、定期観光バスなどがあり、
多くの乗務員が働いています。
バス乗務員は、多くのお客様の命をお預かりする大変責任の重い仕事ではありますが、
その分大きなやりがいのある仕事です。

大型二種免許をお持ちの方であれば、運転経験は問いません。
運転に自信がない方も、中央バス自動車学校での充実した教習がありますので安心です!!
また、大型二種免許をお持ちでない方については、「大型二種免許取得支援制度」がございます。
(詳細はリンク先をご覧ください)

笑顔で親切・丁寧な接客の出来る方、たくさんのご応募をお待ちしております!

北海道中央バス株式会社 採用担当